SEO

SEO対策とはユーザビリティを高める施策をとること

SEO対策を考えるとなると色々考えることは多いと思います。ネットで探しても同じようなことしか書いていないということもしばしば。

SEO対策といえば記事単位だけでもたくさんあります。

  • キーワード
  • 文字数
  • 見出し
  • 他多数

もちろんこれだけではないですが、サイト単位でのSEO対策ともなるともっと複雑に。

  • 内部リンクの施策
  • 外部リンクの獲得
  • サイト構成

など対策をし始めたらキリがないですしGoogleのアップデート一つで過去の対策が全て吹き飛んでしまうこともあるので、刹那的な対策では長期的なサイト運用もままなりません。

初心者も上級者もSEO対策のために多数の書籍に目を通していると思うので、どうしても情報過多になりやすいです。

一度小手先の情報を捨てて基本的なことを見つめ直すことも大切です。

SEOの基本は見る人にとって求める情報があるかどうか

SEO対策について

SEO対策にはいろんな議論がありますが、一番考えなくてはならないことが『ユーザーの求める情報はきちんとそこにあるのか』ということ。

キーワードも見出しも欲しい情報がそこにあれば、適切に配置されているということが究極のSEO。

文字数も○○文字以上というよりも、求めるその情報が300文字でしっかりと網羅できる内容もあれば、5000文字以上あっても足りないということもあります。

どんな情報をユーザーが求めていてどんな答えを伝えるのか検索意図を考えることが大切。

最近のGoogleの傾向として「権威性」「網羅性」「検索意図に対する答え」が重視されています。これはWEBで検索する人にとっても検索に使う時間を減らすためにとても重要なこととなってます。

タイトルが釣りかのような記載で本文には必要な情報が書かれていなかったり、求める内容の情報がなければユーザーは途中でも離脱してしまうでしょう。

これをGoogleは離脱率が高いと判断し、ページランクを下げることにもなります。また滞在時間が短いことも評価基準になっているとも聞きます。

ただ、必要な情報がそこにしっかりと書いてあってすぐにわかる内容であればそのページで早期に離脱することも十分あるので、やはりSEO対策に正解はないともいえます。

もしも対策があるとすればまずは「ユーザー目線でわかりやすい内容かどうか」を考えることから始めるといいでしょう。

細々とした広告が多数あると情報を探しにくかったり、本文中の早いところに結論がない記事は答えを求めるユーザーにとっては無駄な時間を使うことになります。

見出し

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

パラグラフ

-SEO